防水・外壁塗装工事 安心の30年保障

防水工事 HOME > 

防水工事 > 

外壁防水工事

外壁防水工事

壁や屋根裏のクラック部に雨水が残っている状態では、表面のみの防水工事を施しても、建物内部の腐食が進行してしまいます。雨水の浸水状や況外壁状況によっては、防水層の施工前に、クラック工事や下地処理などの外壁防水工事をする場合もあります。その中で当社の外壁防水工事を紹介致します。

クラック工事

イメージ

湿気や気温、外壁素材の劣化、地震の揺れなど、外壁・屋上などにクラックが発生する原因としては、様々な理由が考えられます。 早急にクラック工事が必要なのは、クラックの幅が0.2mm以上のもの。そのままでは雨水が内部に浸水してしまう恐れがあるのです。 内容は、専用シリンダーをクラック部に差し込み、エポキシ樹脂を注入します。乾燥後に表面を処理し塗装をするため、綺麗に仕上がります。

止水工事

イメージ

壁面のクラックが原因で、地下室などでは建物内部に雨水が浸入してしまうことがあります。また水たまりが出来てしまうと、悪臭やカビの原因となります。そこで当社ではウレタン樹脂を使った止水工事を、建物内部に行っています。地下室に溜まっている水をくみ取り、屋外に排水。内壁を処理してから、止水剤を塗りこみます。次にクラック部にウレタン樹脂を埋め込み、補修していきます。

ページトップへ