防水・外壁塗装工事 安心の30年保障

防水工事 HOME > 

施工実績

施工例

当社がこれまで行ってきた各種防水工事の一例をご紹介します。お客様の所有するビルの経年数や劣化状況を調査したうえで、最適の防水素材と工法を選定します。 施工風景と合わせて、防水工事の流れも紹介します。

外壁防水工事(外装工事)

イメージ

外壁防水工事の下地処理として行われるのが外装亀裂脆弱の補修です。コンクリート建造物等は、経年劣化により外壁にクラックが生じます。この部分に注入剤を低圧入することで雨水の浸入や外壁耐久性低下を防止し、建物の安全性を維持します。

詳細はこちら

塗膜防水(ウレタン)

イメージ

補強布を使用し、膨れが出にくい塗膜防水材を積層、コテなどを用いて一定の厚さに塗り付ける工法と、吹付け機械を用いる工法とがあります。どちらも施工面の形状を選ばないので、多くの場面で採用されています。

詳細はこちら

シート防水工事(塩ビシート)

イメージ

下地と塩ビシートを特殊な『高周波誘導加熱機器』で加熱溶解し固定させる工法です。改修時にシートの張替えが容易で、維持費用の軽減にもつながります。

詳細はこちら

アスファルト防水(トーチ工法)

イメージ

トーチバーナーを用いて、アスファルトシートをあぶることで下地(施工面)に溶着させる工法です。弊害が伴う熱工法に代わって、当社では現在、トーチ工法が主流となっております。

詳細はこちら

ページトップへ