防水・外壁塗装工事 安心の30年保障

防水工事 HOME > 

防水工事の基礎知識

防水工事の基礎知識

建物に雨水や地下水などをの侵入を防ぐための防水工事や、プールや貯水槽などの防水工事など、ひとくちに「防水工事」といってもさまざまです。その様な防水工事の基礎知識として、施工工程の流れ、防水工事の重要性、修繕の時期などを、ご案内いたします。

施工前

イメージ

防水工事の施工に先立ち、十分な状況調査を行い、最適な施工方法を選定します。 下地(施工面)の極端な劣化が認められた場合は、防水層施工前に付帯工事として、外壁修繕などを行うこともあります。

詳細はこちら

施工前

イメージ

鉄筋をカバーしている外壁や、浸水経路となる屋上防水をこまめににチェックし、劣化状況を把握してください。 経年などにより、防水層に劣化が発生してしまっているのであれば、早めの防水工事が必要です。

詳細はこちら

施工前

イメージ

防水層をチェックして、屋上や外壁に大きなクラック(亀裂)を見つけたら、修繕を検討してください。 クラックから雨水が建物内部に浸水し、建材の腐食が始まってしまっているかもしれません。

詳細はこちら

施工前

イメージ

お客様より多く寄せられる、ご質問をまとめました。
防水工事をご検討中の方は、ぜひご参考になさってください。

詳細はこちら

ページトップへ